基本のバストップ体操~肩甲骨を動かしてバストアップ

投稿者: | 2016年9月1日

きれいに、そして確実にバストアップをするのであれば、

バストアップ体操はかかせません。

バストが小さい、垂れていて形がよくないということは、

バストの周りの筋肉が鍛えられていないことが考えられます。

また、バストにハリをもたせ、上向いたきれいな形にするには、

やはり筋肉が必要になってきます。

バストアップ体操で鍛える筋肉といえば、大胸筋を一番に思い浮かべる方が

多いと思いますが、見落としがちなのが、肩甲骨です。

肩甲骨の周辺は、普通の生活をしているかぎり、あまり動かすことが無いのですが、

肩甲骨を動かし、周辺の筋肉を鍛えることで、バストアップ効果が増します。

皮膚は肩甲骨から大胸筋、そしてバストまでつながっています。

筋肉の場所はちがいますが、肩甲骨をよく動かして、

やわらかい上質な筋肉をつけていけば、バストを上向かせ、

ハリを持たせることができるのです。

また、バストアップには正しい姿勢が大事ですが、肩甲骨の周辺の筋肉を鍛えることで、

姿勢保持が楽にでき、上腕骨の動きを支えられます。

では早速、バストアップ肩甲骨体操をご紹介いたします。

腹痩せ

(肩甲骨開閉体操)
・まず、腕を前に伸ばし、目の前で手を組みます。
この時、ひじをしっかりと伸ばします。

・息を吐きながら、姿勢を保持したまま、肩甲骨を開くイメージで、組んだ手を前に
ぐーっと伸ばします。

・ストップして、息を吸います。

・手を組んだまま、息を吐きながら、元の姿勢にもどります。

・今度は、肩甲骨を中心に引き寄せるイメージで肩を後ろに引きます。

・息を吸って、元の姿勢に戻ります。

これを5セット、朝晩行います。

(肩甲骨ぐるぐる体操)

・手のひらを肩の上に乗せます。(左手は左肩に、右手は右肩です)

・ひじで大きく円を描くように、ぐるぐると回します。

・前回しと後ろ回し、5回ずつを2セット行います。

朝晩行います。

(ビリー版、肩甲骨ぐるぐる体操)

・両手を水平に伸ばします。

・手のひらは、軽く握りこぶしです。

・肩甲骨を意識しながら、ひじを伸ばしたまま、ぐるぐると回します。(なるべく大きく)

・前後、5回ずつ2セット行います。

朝晩、行います。

この中で、自分がやりやすい、気に入ったものを毎日行うようにします。

ポイントは、肩甲骨を意識して動かすことです。

私も、私の知人も、この体操を行い、バストアップに成功しています!

バラライン

プロのバストアップ方法


◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

バストアップの方法が良く分からずに、サプリメントや補正下着、
一つの食品を食べ続けてみたりと、あれこれ手を出して、
結果的にお金と時間だけが無駄になってしまった。

そのうえ、バストアップが思うようにできなかった。

こんな経験をしている女性は多いですね。

私もその一人でした。

また、今流行の方法をあれこれ試して、結局バストアップできずに
体を壊した方もいらっしゃいます。

ですが、バストアップの正しい知識を身につけて、自分に合った方法を探し、
バストアップに成功した女性も沢山いらっしゃいます。でも、
それでは、時間とお金が、かかりすぎますね。

そこで、遠回りせずに確実になるべく短期間で、安くバストアップに成功したい、
そう思われる方のためにいい方法があるんです。

そんな、都合のいいことがあるかなぁ。あるわけないな。

いいえ、本当にあるんです!

その方法とは?

プロが教えてくれるバストアップDVD教材です!

最近のバストアップ教材(マニュアル)の中には、これ、ほんとかなぁ、大丈夫かなぁ、
という中身のものもありますが、きちんと結果を出し続けている良質の教材もあります。

そこで、私がお勧めしたいのは、
実際に教材をマニュアル通りに実践して、バストアップに成功した方が多い、

ハリーアップ、という教材をおすすめしています。


◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

こちらは、自宅で、だれにも知られずにこっそりバストアップを成功させたい女性に人気で、
今、マニュアル教材の中で人気ナンバーワン!なんです。

内容をよく調べてみると、
納得がいくものばかりでした。

バストアップを今すぐ早く成功させたいのなら、
とてもおすすめの方法だと思いますよ♪

実際に成功されたかたの写真と口コミレビューはこちら↓

◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

バラライン

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です