黄体ホルモン(プロゲステロン)

投稿者: | 2016年10月18日

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、
女性ホルモンのうちの一つで、

排卵後に卵胞から変化した黄体や胎盤から分泌されます。

厚くなった子宮内膜に受精卵が着床しやすくなるなど、妊娠に必要な環境を整えます。

また、乳腺に対して発育を促します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後に分泌量が増え、
月経が始まると分泌量が減ります。

生理前に胸がハリ、痛みがでるのはこのためですね。

また、体温を上昇させる働きがあるため、基礎体温にも利用されます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、また、妊娠時には、子宮筋の緊張を低下させ、排卵を抑え、
妊娠をいじさせます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、下垂体前葉の二つの刺激ホルモンによって
調節されています。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です