体の冷えはバストアップの妨げになります。

投稿者: | 2016年10月16日

体の冷え

女性は、冷え性になりやすいのですが、
冷え性になってしまうと、バストアップの妨げになるどころか、

女性の体にとって、よくないことがたくさん起こります。
女性は、男性に比べると筋肉が発達していないため、心臓へ戻ろうとする静脈血が
筋肉の力で押し戻されにくく、手足などの抹消の血流がとどこおりやすいのです。

普段から手足が冷たい方や、お風呂に入ってもすぐに冷えてしまう方、
布団に入っても、なかなか体が温まらない女性が多いようです。

冷たい空気に触れる時間が長かったり、夏に冷房にあたっていたり、また、
冷たい飲み物や食べ物で、内側からも体を冷やしてしまうと、
手足の血管を縮めてしまい、脳や内臓を守ろうとします。

そして、血管が収縮するため、血流がわるくなり、手足が冷えてしまいます。

その冷えは、「万病のもと」といわれるくらい、良くないもので、
女性ホルモンもバランスをくずすことでも冷えが生じます。

ダイエットや睡眠不足、ストレス、タバコ、月経不順などで、女性ホルモンのバランスが崩れると、
体温を上げようとする黄体ホルモンや、代謝をよくする卵胞ホルモンの分泌が低下します。

そして、体温が下がって、冷えてしまうのです。

ですので、日ごろから、体を冷やさないように、いつの季節も気をつけて過ごすことが
大切ですね。

オシャレのために、素足のままサンダルやハイヒールを履いたり、ローライズのジーンズで
お腹を出したり、肌を露出することは、

一見すてきに見えますが、女性の体にとって、負担をかけてしまいますので、
気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です