女性としての品を身につける大切さ~バストアップの前に

投稿者: | 2016年10月1日

女性としての品を身につける大切さ~バストアップの前に

バストを大きくしたい、バストアップをしてきれいなバストになりたい。
そう願うあなたの望みは何ですか?

女性らしくなって、異性にモテたいのではないでしょうか。
品格を兼ね備えたかっこいい女性になり、同姓から尊敬されたいのではないでしょうか。

では、どうすればそのようになれるのでしょうか。
外見ばかりに気を取られずに、女性としての内面や立ち居振る舞いにも
気を使えるようになれば、ステキな女性になれると思います。

バストに自身がないために、女性らしさにかけている。そんな風に思っているのでしたら、
まずは別方面からアプローチしてみましょう。

1・普段から、姿勢を良くしましょう。

人は、知らないうちに楽な姿勢をとろうとします。体の各部の筋肉が鍛えられていない方は、
気がつくと姿勢が悪くなっていることが多いものです。

猫背になり、あごが出てしまっている。顔も下向き、お腹も前に突き出ている。
こんな場合は、姿勢を良くすることで、スタイルが驚くほど良く見えるようになります。
体のゆがみも取れ、必要な筋肉が自然につきます。
そして、体の余計な場所に脂肪がつきにくくなります。
背筋を伸ばすことで、バストラインが上向き、きれいに見えるようになります。

2・美しく立つ

まずは、全身鏡で自分の立ち姿を、前と横から見てみましょう。

いかがですか?きれいに一直線にまっすぐ立つことができますでしょうか。
では、簡単にきれいにまっすぐ立てるようになるコツをお伝えします。
まず、骨盤をしっかり立てます。お腹に力を入れ、腰を伸ばします。
次に、肩甲骨を中央に寄せるように、背筋を伸ばします。
そして、頭を上から糸で吊られているようなイメージをし、前の上を見ます。

たったこれだけで、姿勢がかなり良くなり、スタイルがきれいに見えます。

3・美しく歩く

一本のラインをはさむようにして歩くと、美しく、さっそうと歩くことができます。
イメージは、「モデル」さんです。
足だけで歩くのではなく、腰から前に出すようなつもりで一歩ずつ踏み出します。
あごは、引きすぎず、出し過ぎないように。
自然に胸を張ります。
骨盤をまっすぐ立てた状態で歩きます。
かかとで着地し、親指から蹴りだします。

4・美しく座る

背もたれに寄りかからず、床と垂直になるようにきちんと背筋を伸ばします。
この時も、骨盤をまっすぐ立てることを意識します。
足を組まないようにし、頬杖をつかないようにします。
テーブルと体の間に、こぶし一つ分くらい空けます。
足は、両膝を閉じて、少しだけ前に出すようにします。
  

姿勢を良くし、立ち居振る舞いをきれいにするだけで、女性としての品と印象がかなり違ってきます。
バストアップの前に、またバストアップと一緒に出来るようになるといいですね。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です