乳がん~気になる婦人病と症状(バストアップの前に)

投稿者: | 2016年9月23日

乳がん~気になる婦人病と症状

乳がんとは、乳腺組織に発生したがんのことです。

乳腺組織の細胞遺伝子がさまざまな要因で変異し、
がん細胞となって増殖したものが乳がんとされています。

遺伝子に何らかの影響で傷がついて起きる病気で、
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌とも関連が深いといわれています。

では、どんな方が乳がんになりやすいのでしょうか。

1・血縁者に乳がんになった人がいる場合

2・エストロゲンの長期・過剰分泌の影響によるもの
  初経が早く(11才以下)、閉経が遅い人(55才以上)
(エストロゲンにさらされている期間が長い)

  また、初産年齢が高い人や出産経験の無い人
  10年以上、ホルモン補充療法を受けている人
  本人が以前に、乳がんや乳腺疾患にかかったことがある人

3・食生活の欧米化・肥満
  高カロリーで脂肪が多い食生活に変化したこと
などが考えられます。

上記に当てはまる方が必ずしも乳がんになるわけではありませんが、
日本では、約20人に1人の割合で、罹患しています。
患者数は、30才から増え始め、50才前後がピークになっています。

乳がんが出来やすい場所は、外側の上部で、全体の約50%、ついで内側の上部、次に
外側の下部、内側の下部という順番になっています。

乳がんの治療は、早期発見が大事ですが、初期症状がほとんどないため、
毎年検査をきちんとしなければ早期発見は難しいそうです。

乳がんにならないために
まず、女性ホルモンのバランスを乱さないようにしましょう。
そのために、生活習慣を改善することが大切です。

・タバコを吸わない
・お酒を飲みすぎない
・バランスの良い食事を取る。
・適切な運動や休養をし、ストレスをためないようにする
・肥満にならないようにする

乳がん予防のためにも、またバストアップのためにも、
女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

バラライン

プロのバストアップ方法


◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

バストアップの方法が良く分からずに、サプリメントや補正下着、
一つの食品を食べ続けてみたりと、あれこれ手を出して、
結果的にお金と時間だけが無駄になってしまった。

そのうえ、バストアップが思うようにできなかった。

こんな経験をしている女性は多いですね。

私もその一人でした。

また、今流行の方法をあれこれ試して、結局バストアップできずに
体を壊した方もいらっしゃいます。

ですが、バストアップの正しい知識を身につけて、自分に合った方法を探し、
バストアップに成功した女性も沢山いらっしゃいます。でも、
それでは、時間とお金が、かかりすぎますね。

そこで、遠回りせずに確実になるべく短期間で、安くバストアップに成功したい、
そう思われる方のためにいい方法があるんです。

そんな、都合のいいことがあるかなぁ。あるわけないな。

いいえ、本当にあるんです!

その方法とは?

プロが教えてくれるバストアップDVD教材です!

最近のバストアップ教材(マニュアル)の中には、これ、ほんとかなぁ、大丈夫かなぁ、
という中身のものもありますが、きちんと結果を出し続けている良質の教材もあります。

そこで、私がお勧めしたいのは、
実際に教材をマニュアル通りに実践して、バストアップに成功した方が多い、

ハリーアップ、という教材をおすすめしています。


◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

こちらは、自宅で、だれにも知られずにこっそりバストアップを成功させたい女性に人気で、
今、マニュアル教材の中で人気ナンバーワン!なんです。

内容をよく調べてみると、
納得がいくものばかりでした。

バストアップを今すぐ早く成功させたいのなら、
とてもおすすめの方法だと思いますよ♪

実際に成功されたかたの写真と口コミレビューはこちら↓

◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆

バラライン

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です